WordPress – エディタのビジュアル/テキスト切替時のコード消滅を防ぐ!

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

WordPressの本文入力エディタにはビジュアルエディタとテキストエディタの2種類があります。
前者は実際の表示がプレビューされているような感じで、テキスト入力後、アイコンのクリック操作で見出しにしたり書式を変更したり、簡易的に操作できます。
私は専ら後者のテキストエディタを仕様していますが、こちらはhtmlタグを入力していく古典的なモードです。ビジュアルエディタでは入力できないタグや手の込んだデザインを制作する場合にはテキストエディタが必要となってきます。しかしクライアントに引き渡す案件などの場合は、HTMLやCSSの知識のない他のユーザーが操作することを考えて、簡単で分かりやすいビジュアルエディタを勧める場合が多いです。
しかし、テキストエディタからビジュアルエディタに切り替えた場合に、テキストエディタで入力していたコードが消えてしまうことがあります。これは WordPress の仕様のようで、空の spanタグ、pタグや brタグなどが消滅します。

これを回避するためには、下記コードをテーマ(子テーマが望ましい)の functions.php に追記します。
特に他社に引き渡す案件の場合は、私は必須だと思っています。

<?php
//エディタのビジュアル・テキスト切替でコード消滅を防止
function my_tiny_mce_before_init( $init_array ) {
    $init_array['valid_elements']          = '*[*]';
    $init_array['extended_valid_elements'] = '*[*]';
    return $init_array;
}
add_filter( 'tiny_mce_before_init' , 'my_tiny_mce_before_init' );
?>

以上、ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました