WordPress – 非公開や下書きの固定ページを親ページに設定できるようにする

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

WordPressで固定ページを作成する時に不便だと感じていたのが、デフォルトのページ属性では、下書きや非公開状態のページを親ページに選択出来ないことです。
新規にWebサイトを制作する場合や新たに階層を追加する時など、公開するまでに親子のページ関係を構築しておきたいものです。

スポンサーリンク

functions.php に投稿ステータスをフックする追記をして下書きや非公開の親ページを選択可能に

WordPressのテーマ(子テーマ)の functions.php ファイルに追記します。
フィルターフック page_attributes_dropdown_pages_args に任意の投稿ステータスをフックします。
下記の場合は publish(公開)、private(非公開)、draft(下書き)をフックしています。

add_filter('page_attributes_dropdown_pages_args', 'add_private_draft');
function add_private_draft($args) {
    $args['post_status'] = 'publish,private,draft';
    return $args;
}

以上、ご参考になれば幸いです。
皆さまにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように。

WordPress
スポンサーリンク
スポンサーリンク
J.をフォローする
スポンサーリンク
SEBLO

コメント

タイトルとURLをコピーしました