Office – VLSCのOffice2019(ボリュームライセンス版)をインストールする方法




この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク




職場などで利用されているVLSC(マイクロソフト ボリュームライセンス サービス センター)のボリュームライセンス版Office Standard 2019のインストール方法が少し分かりづらかったので覚え書きとして残します。
Office2016までは単純にisoファイルをダウンロードしてプロダクトキーを入力するだけだったインストールが、Office2019ではちょっと手間がかかるようになりました。

スポンサーリンク

VLSCでOffice展開ツール(ODT)をダウンロード

VLSC(Microsoft ボリューム ライセンス サービス センター)にサインインし、ヘッダーメニューの[ダウンロードとキー]か[製品のダウンロード]をクリックして「ダウンロードとキー」のページへ。

VLSCから製品のダウンロード

Office Standard 2019 の[ダウンロード]をクリックして展開し、[続行]をクリックしてさらに展開します。

Office Standard 2019のダウンロード

Office Online Serverがずらっと並んでいますが無視し、最下部のOffice 2019 Deployment Toolをダウンロードします(↓ボタンをクリック)。

Office 2019 Deployment Toolのダウンロード

Office展開ツール(ODT)をインストール

ダウンロードフォルダ(デフォルト)もしくは任意の場所にダウンロードされたOffice_Deployment_Tools_2019_…をダブルクリック等で実行します。
ユーザーアカウント制御のダイアログボックスが「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞いてくるので[はい]で許可して進める。

Office 2019 Deployment Tool

下記のようなインストールに関する条項が表示されるので、チェックして[Continue]をクリックして続行する。

Officeインストール条項

Office Deployment Toolをインストールする場所の「フォルダーの参照」ダイアログが開くので、デスクトップなど任意の場所を選択してOKをクリックします(ここではデスクトップを選択)。

フォルダーの参照

“Files extracted successfully.”でOffice展開ツール(ODT)のインストールは完了です。

Files extracted successfully.

configuration.xmlファイルを作成

Office展開ツール(ODT)

Office展開ツール(ODT)をインストールしたデスクトップに、configuration-Office365-x64.xml , configuration-Office365-x86.xml , configuration-Office2019Enterprise.xml , setup.exe の4つのファイルがあることを確認します。

MicrosoftのOffice 2019 の展開 (IT 担当者向け)ページOffice の展開ツールで使用するサンプルの configuration.xml ファイルを参考にしてconfiguration.xmlファイルを作成しますが、分かりにくい場合は下記をメモ帳などのテキストエディタにコピペします。
* PIDKEY=”XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX” の XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX には、ライセンス認証のプロダクトキーを入力します。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="PerpetualVL2019">
    <Product ID="Standard2019Volume" PIDKEY="XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

ここでは、ファイル名を configuration.xml として、Office展開ツールの setup.exe と同じデスクトップに保存します。
* 32bit版をインストールする場合は OfficeClientEdition=”64″ の”64″を”32″にするなど、いくつかの設定を変更することも可能です(詳しくは configuration.xml を作成します。を参照)。

コマンドでOfficeのインストール

ここに入力して検索

タスクバーの「ここに入力して検索(○ボタン)」をクリックして cmd と入力しEnterキー押下などでコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトの C:\Users\ユーザー名> の後に dir と入れてEnterキー押下で、ユーザー名ディレクトリ直下のディレクトリとファイルが一覧表示されますので、Office展開ツールの setup.exe が置いてあるデスクトップ(Desktop)があることを確認します。

ディレクトリ一覧

続いて cd Desktop と入力してEnterキー押下でデスクトップに移動します。

デスクトップに移動

続いて setup /configure configuration.xml と入力してEnterキー押下すると、Officeのインストールが開始します(configuration.xml は作成したxmlファイルの名前です)。
以下、一連のコマンドです。

C:\Users\ユーザー名>
C:\Users\ユーザー名>dir
C:\Users\ユーザー名>cd Desktop
C:\Users\ユーザー名>Desktop>setup /configure configuration.xml
Office 2019 の展開 (IT 担当者向け)
IT 管​​理者に Office 2019 の展開方法に関する情報を提供します。

以上、ご参考になれば幸いです。

Office
スポンサーリンク
スポンサーリンク
J.をフォローする
スポンサーリンク
SEBLO

コメント

タイトルとURLをコピーしました