HP – ノートブックPCでfn(ファンクションキー)を押さないとF7でカタカナ変換出来ない場合の対処

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

HP製ノートブックパソコン「HP ProBook 450 G6」のセットアップ後に、[f7]キーでカナ変換出来なくなっていることがありました。同時にセットアップした同機種では変換出来るのに、[fn]キーを押さないとカナ変換出来ない設定になっているのです(おそらく、出荷時に個体差があるのだと思います)。
つまり、デフォルトで[fn]キーのロックが有効になっていて、fキーが操作キーモード(音量や画面明るさの調整など)になっているわけですが、これを無効化するにはBIOS設定でファンクションキーの設定を変更します。

手順は機種により若干異なるようですが、概ね、以下のとおりです。

スポンサーリンク

fnキーの操作キーモードを無効化する

  1. PCをシャットダウンして電源を切る
  2. PCの電源を入れ、「BIOS Setup Utility」が開くまで[f10]キーを何度も繰り返し押す。
    (機種により、[esc]キーの連打でまずスタートアップメニューを開き、その後、[f10]キーを押して「BIOSセットアップメニュー」を開く場合もあります)
  3. 「BIOS Setup Utility」が開いたら、矢印キーの左右で [System Configurations] (システム構成) メニューを選択する。
  4. [System Configurations] に移動したら、矢印キーの上下で [Action Keys Mode] (操作キーモード) を選択する。
  5. [Enter]キーを押すと、[Enabled / Disabled] (有効/無効) オプションが表示されるので、矢印キーの上下で[Disabled](無効)を選択する。
  6. [f10]キーを押して保存し、PCを再起動する

[Enabled(有効) / Disabled(無効)] の選択により、下記のように設定されます。

Enabled(有効)
fキーが操作キーモードになり、[fn]キーを押さなくても、デフォルトで音量や画面明るさ調整の役割を担います。[fn]キーを押すことにより、カナ変換などの役割となります。
Disabled(無効)
fキーがデフォルトでは、カナ変換や半角変換などの役割を担います。例えば、[f7]キーでカタカナ変換となります。[fn]キーを押すことにより、音量や画面明るさ調整になります。
HP(Hewlett-Packard)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
J.をフォローする
スポンサーリンク
SEBLO

コメント

タイトルとURLをコピーしました