• このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows – リモートデスクトップでCtrl+Alt+Deleteを送信する方法

Windowのリモートデスクトップを用いて遠隔地のコンピュータをメンテナンスする機会は多いです。
クリップボード関連の[Ctrl]+[C]や[Ctrl]+[V]などのキー操作等も手元のローカルコンピュータと同様に行え、大変便利です。
しかし、以前、管理者パスワードを変更しようと思い、[Ctrl]+[Alt]+[Delete]を押したところ、ローカルコンピュータのセキュリティダイアログが開いて困ったことがありました。
それで調べたところ、リモートコンピュータのセキュリティダイアログを開くには

[Ctrl]+[Alt]+[end]

だそうです。

以下を参考にさせていただきました。

リモート・デスクトップを全画面モードで使用すると、あたかもローカル・コンピュータのようにリモート・コンピュータを操作できる。ただし[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーは、ローカルで処理されてしまう。リモートに送信するには、代わりに[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押す。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加